■ユーザCGI


お客様がご用意したCGI をぷららプライベートホームページで利用できます。
アカウント開設の前に、サービス紹介・利用方法、利用規約をお読みください。


<アカウント開設・確認・削除,パスワード変更>

ユーザCGI アカウント開設

ユーザCGI アカウント確認・パスワード変更

●ユーザCGI アカウント削除


<サービス紹介・利用方法>

1. 料金

無料

2. サービスを受ける条件

現在、プライベートホームページサービスを受けていることが条件となります。また、プライベートホームページ1アカウントにつき、本サービスも1アカウントまでといたします。

3. 容量

5MB固定

4. 使用可能なCGI/SSIおよびパス

・PHPスクリプト
PHPのバージョンは、5.3系です。

PHPスクリプトのファイルの拡張子を「.php」としてください。
・perlスクリプト
perlのバージョンは、5.10系 です。

perlのパスは、/usr/local/bin/perl とします。
・SSI
HTMLファイルの拡張子を「.shtml」として下さい。
・sendmail
sendmailのパスは、/usr/lib/sendmail とします。
※メール送信可能な宛先は、ぷららのメールアドレス宛てのみとなります。他社ISP/フリーメール等のメールアドレスへはメール送信できません。

・nkf

nkfのパスは、/usr/local/bin/nkf とします。


5. サーバー名とCGIアカウント名

サーバ名 cgixx.plala.or.jp

※ サーバ名の "xx" の部分には、数字が入ります。開設時に、サーバー名が表示されますので、忘れないようメモを取っておいてください。

ユーザCGIサーバのお客様のディレクトリにホームページ用のデータをFTPすれば、下記の URL でホームページを公開することができます。

URL http://cgixx.plala.or.jp/~CGIアカウント名/


なお、お客さまのホームディレクトリのフルパスは以下の通りです。

/home/CGIアカウント名

CGIアカウント名は、お申し込み時に弊社より付与します。アカウント開設後に画面表示される登録内容を確認し、メモをとるようお願いいたします。
また、CGIアカウント名は、cgixx.plala.or.jp へのFTPログイン名も兼ねております。

6. FTPアカウントとパスワード

cgixx.plala.or.jp へのFTPアカウントは、cgixx.plala.or.jpにおけるCGIアカウント名と同じになります。アカウント開設後に画面表示される登録内容を確認し、メモをとるようお願いいたします。
また、そのパスワードは、登録時においてはプライベートホームページのFTPパスワードと同じになります。プライベートホームページのFTPパスワードを変更された場合、cgixx.plala.or.jp には自動的には反映されません。cgixx.plala.or.jp のFTPパスワードの変更を希望される場合は、ユーザCGI アカウント確認・パスワード変更から行なってください。

7. CGIホームページご利用方法

WWWサーバについて
CGIサーバ cgixx.plala.or.jp には、Apache を使用しております。

Permissionについて
CGIのPermission(アクセス権)については、FTPで転送された際に、604(-rw----r--)となります。FTPのchmodで、704(-rwx---r--)に変更して下さい。 また、ディレクトリに関しては、FTPで転送された際に、705(drwx---r-x)となります。ディレクトリ内にCGIを設置する場合、そのディレクトリのPermissionは、705(drwx---r-x)のままにして下さい。777(drwxrwxrwx)に変更すると、そのディレクトリ内のCGIが動作いたしませんので、ご注意下さい。 なお、本サーバーにおいては、お客さまのCGIは、お客さまのアカウント権限で実行されます。

CGIの拡張子について
CGIは、お客さまのホームディレクトリ内であれば、任意のディレクトリ内で実行可能となります。ただし、CGIファイルの拡張子は、「.cgi」、「.pl」、「.exe」、「.php」のいずれかに設定してください。それ以外の拡張子の場合、CGIとして動作いたしませんので、ご注意ください。

その他
http://cgixx.plala.or.jp/CGIアカウント名/ で、index.htmlを参照することになります。また、http://cgixx.plala.or.jp/CGIアカウント名/CGI名 で、該当のCGIを実行することが可能となります。

SSIを実行したい場合には、実行させるHTMLファイルの拡張子を「shtml」として下さい。

8. 利用制限について

サーバの安定稼働を実現するために、設置されるCGIに対して、以下の制限を設けております。
  1. お客様さまごと同時に起動できるCGIの数は一つです。

  2. すでに一つCGIが起動している場合、次に要求されたCGIは、はじめから起動しているCGIが終了した時点で、実行されます。一定時間待機したにも関わらず、はじめから起動しているプロセスが終了しない場合には、そのCGIを中断します。

  3. 1CGIあたりのCPU割り当て時間を制限いたしました。一定時間を超えてCGIがCPUを使った場合、そのCGIを中断いたします。


back 戻る