着信転送をご契約いただくにあたって

着信転送をご契約いただく場合、ご契約者の本人確認が必要です。
本人確認に必要な書類、注意事項をご確認のうえ、お手続きをお願いします。

  • 着信転送がパッケージされている「ぷらら光電話プラス」をご契約の場合も、本人確認が必要となります。
  • 本人確認は、電気通信事業法の定めにより実施させていただくものです。

本人確認書類について

ご契約者の「氏名」「住所」「生年月日」(法人の場合は、「名称」「所在地」)が確認できる、公的機関発行の書類が必要です。
以下の書類のうちいずれかを、本人確認書類としてご用意ください。

<個人のお客さま>本人確認書類に記載の住所と現住所が異なる場合

本人確認書類と現住所が異なる場合は、上記本人確認書類のいずれか1つと、下記補助書類1つをご用意ください。

    • 公共料金領収書(電気・都市ガス・水道)
    • 社会保険料領収書
    • 納税証明書
    • 発行から6か月以内のもの
    • ご契約者の氏名および現住所が記載されているもの
    • プロパンガスの領収書は補助書類として利用できません

本人確認・ご利用までの流れ

01.ぷらら光電話お申し込み

ぷらら光電話のお申し込みをします。

着信転送を希望の場合(ぷらら光電話プラス含む)、本人確認の対象です。

02.工事日のご案内

ぷららより、お電話で工事予定日のご案内を差し上げます。

<着信転送ありの場合>工事予定の案内後、郵送で「本人確認書類送付用台紙」をお送りします。

03.本人確認書類の送付

専用台紙に本人確認書類を添付し、返信用封筒にてぷららにご返送ください。

04.本人確認完了案内の送付
(手続き完了)

ご提出いただいた住所宛に、本人確認完了のご案内書をお送りします。

本書類に、工事予定日を記載しております。ご案内日以降、転送サービスがご利用可能となります。

  • 着信転送希望(ぷらら光電話プラス含む)で、本人確認書類の不備等などにより工事予定日までに確認できなかった場合は、予定していた工事はすべてキャンセルされます(ぷらら光のお申し込みと同時の場合は、回線工事もすべてがキャンセルの対象)。その場合、本人確認の処理が完了次第、あらためて工事日程の調整が必要となりますのでご注意ください。
  • 本人確認書類の受領後、本人確認書類に記載のご住所宛てに確認完了のご案内書を送付いたします。当該書類の不達が確認された場合、提供開始後であっても、着信転送サービスの提供を中断する場合があります。

よくあるご質問

着信転送は申し込んでいません。その場合も本人確認が必要ですか?

着信転送をお申し込みでない場合は必要ありません。ただし、「ぷらら光電話プラス」の場合は、着信転送サービスが含まれたプランになりますので、本人確認が必要となります。

本人確認完了の案内書を、こちらで指定した住所に送付してもらうことはできますか?

できません。
確認完了の案内書は、本人確認書類にてご提示のご住所に、転送不要郵便として送付いたします。

着信転送希望で光電話を申し込みました。同時に移転工事も予定していますが、本人確認が完了しなかった場合の工事キャンセルは、移転工事もキャンセルされますか?

光回線、光電話に関わる移転先での工事はすべてキャンセルされます。また、移転元の廃止工事については、原則キャンセルされませんが、お申し込みの内容によってはキャンセルとなる場合があります。
その場合は、本人確認完了後、移転元の工事含め日程調整させていただきます。

Q&A一覧