Google社・米Yahoo!社のメール送信者のガイドラインの変更に関するぷららメールサービスの対応について

2024年1月26日

平素よりドコモをご利用いただき、ありがとうございます。

この度、Google社より、2024年2月以降、Gmailアカウントに対して5,000通/日以上のメールを送信する送信者に対し、SPFレコードの登録及びDKIM署名の設定、DMARCレコードの公開などを必須とする新しいガイドラインが発表されています。

新しいガイドラインは、インターネット・サービス・プロバイダなどメールを送信する事業者がGmailへ送るメールの満たすべき条件を2024年2月以降厳しくするという内容となります。ぷららメールサービスでは、SPFレコードの登録及びDKIM署名の設定、DMARCレコードの公開を2024年1月末までに対応していく予定ですが、Gmailに送信したメールが遅延する、迷惑メール判定されてブロックされる、迷惑メールボックスに振り分けられるなどの可能性があります。
なお、以下サービスの利用時にGmailに送信したメールが遅延する等の事象が発生した場合は、送信先の設定をGmail以外へ変更することをお勧めします。

また、米Yahoo!社も2024年4月以降、同様にガイドラインを変更することを発表しております。

Google社・米Yahoo!社のガイドラインの変更は今後も発表されると想定されますが、各社の変更内容について当社ではお答えできかねますことご了承ください。
今後も皆様に安心・安全にサービスをご利用いただくため、さらなるセキュリティ対策の強化に取り組んでまいります。

今後ともドコモをご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。