迷惑メール振り分けサービス 設定・マニュアル

必着設定(旧名称:透過メール設定)

必着認定機能

  • 迷惑メールと振り分けないで、必ず受信するための設定条件(最大99個まで)
  • 必着設定は、迷惑メールと判定されずに必ず受信するための設定であり、受信拒否ではありません。
    指定した条件のメールを受信されたくない場合は、拒否設定をご利用ください。

設定できる条件

  • 「1必着設定」毎に以下の5種類の条件で転送条件を設定することが可能です。
    同一設定中の複数条件は、「〜でかつ(AND条件)」となります。「〜または(OR条件)」でお使いになる場合は、設定を複数作ってください。

必着設定の設定条件

  • 送信者条件[送信してきた人(From:)のメールアドレス](最大5個まで)
  • あて先条件[to:やcc:に指定したアドレスが含まれる場合に透過するための条件※1](最大5個まで)
  • タイトル条件[送信されてきたメールの件名](最大5個まで)
  • 任意のヘッダ条件[送信されてきたヘッダの情報]
  • メールソフト条件[送信メールソフトの名称](最大5個まで)
  • ※1 あて先に携帯電話や会社のメールアドレス、メーリングリストなどメールソフトで受信したいアドレスが含まれている場合に透過メールとして、迷惑メール専用フォルダに入らないように設定するための条件です。

その他設定可能項目

休止・再開
その設定条件を有効にするか無効にするか

ご注意

  • 「必着設定」の条件を設定されたのち、迷惑メール判定レベルを「OFF」に設定変更された場合、必着設定の設定内容は削除されます。ご注意ください。

ステップ1

ログイン

前ページの「設定」ボタンを押すと、「迷惑メール振り分けサービスログイン画面」となります。
迷惑メール振り分けサービスを設定したいメールアドレスと、メールパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押します。

ログインすると機能選択画面が表示されますので、「必着設定」をクリックしてください。

ステップ2

必着設定選択

必着設定をクリックすると、必着設定メニュー画面が表示されます。

  • これから新たにサービスを利用される方、もしくは既にご利用中で新たに応答条件を追加される方は、「新規設定登録」をクリックしてください。
  • 既に設定した内容を確認・変更される方、設定した条件の適用順位を変更される方は、「設定済み条件一覧」をクリックしてください。
  • サービスを解約される方、既に設定した内容を一括で削除される方は、「設定内容一括削除(サービス解約」をクリックしてください。

ステップ3

設定条件入力画面(簡易設定)

新規で条件を入力する場合や、既存の設定内容を変更する場合はこの画面で行います。
前画面で「新規設定登録」ボタンをクリックすると、透過メールの設定画面が表示されます。

  • 1設定名称
    • 入力欄(1)にこの設定の名称を入力します。
    • 入力できる文字数は全角で64文字までです。
      • 設定名称中には半角文字の " ’ ˜ | < > $ & ` = ¥ % ( ) [ ] ; : / は使えません。(全角文字は使えます)
  • 2設定の有効・無効
    • 設定した条件の有効・無効を選択します。
  • 3条件設定
    • 「--選択してください--」と記載されているプルダウンボックスで、「送信者(from)」、「宛先(toまたはcc)」、「宛先(toのみ)」、「宛先(ccのみ)」、「件名(Subject)」の5つの項目から、設定したい項目を選びます。
    • 右側のボックスに、プルダウンボックスで選んだ条件に対応した、条件を発動させる具体的なメールアドレスや件名などを入力します。(全角64文字以内)
    • 上記の入力フォームにある「+」、「-」をクリックすることで、拒否したいメールアドレスや件名を追加することが出来ます。
    • 「を含む」、「を含まない」のプルダウンで、入力項目を含んだ時に透過するのか、含まない時に透過するのかを選択します。
    • 「を含み、さらに」・「を含まず、さらに」を選択すると新しい入力フォームが自動で追加されます。

      TIPS: 宛先条件設定について
      宛先条件では、お客さまに届くメールの「to:」に特定のアドレスを迷惑メールとして判定されないよう設定する場合に利用します。

  • 4設定内容の確定
    • 入力したが完了した後、画面の「設定内容確認」をクリックすると、入力した内容の一覧が表示されます。表示された内容に問題がなければ、「設定完了」をクリックすることで、条件の登録が完了します。

ステップ4

設定条件入力画面(詳細設定)

前項の「設定条件入力画面」で、「詳細設定条件入力」をクリックすると、メールアドレスや件名に加えて、メールサイズや任意のヘッダなどのさらに細かい条件で設定を行うことができます。

  • 「詳細設定条件入力」をクリックすると、入力されている内容は全て削除されます。詳細設定で入力したい項目がある場合は、はじめから「詳細設定条件入力」をクリックして、設定してください。
  • 1設定名称
    • 入力欄(1)にこの設定の名称を入力します。
    • 入力できる文字数は全角で64文字までです。
    • 設定名称中には半角文字の " ’ ˜ | < > $ & ` = ¥ % ( ) [ ] ; : / は使えません。(全角文字は使えます)
  • 2設定の有効・無効
    • 設定した条件の有効・無効を選択します。
  • 3条件設定
    • 「--選択してください--」と記載されているプルダウンボックスで、「送信者(from)」、「宛先(toまたはcc)」、「宛先(toのみ)」、「宛先(ccのみ)」、「件名(Subject)」の5つの項目から、設定したい項目を選びます。
    • 右側のボックスに、左側のプルダウンボックスで選んだ条件に対応した、条件を発動させる具体的なメールアドレスや件名などを入力します。(全角64文字以内)
    • 上記の入力フォームの右側にある「+」、「-」をクリックすることで、透過したいメールアドレスや件名を追加することが出来ます。
    • 「を含む」、「を含まない」のプルダウンで、入力項目を含んだ時に透過するのか、含まない時に透過するのかを選択します。
    • 「を含み、さらに」・「を含まず、さらに」を選択すると新しい入力フォームが自動で追加されます。

      TIPS: 宛先条件設定について
      宛先条件では、お客さまに届くメールの「to:」に特定のアドレスを迷惑メールとして判定されないよう設定する場合に利用します。

  • 4 任意のヘッダ
    • 入力欄の左側にヘッダの項目を入力し、右側に条件を作動させるキーワードを入力します。
    • 入力できる文字数は半角で128文字までです。(全角投入は投入不可です)
    • 入力したキーワードを「含む」場合に転送するのか、「含まない」場合に転送するのかを選択メニューから選びます。
    • 設定名称中には半角文字の " ’ ˜ | < > $ & ` = ¥ % ( ) [ ] ; : /  は使えません。(全角文字は使えます)

    任意ヘッダ設定時のご注意

    • 任意ヘッダにて複数種類のヘッダを設定した場合、「〜でかつ(AND条件)」となります。「〜または(OR条件)」でお使いになる場合は、「新規設定登録」にて新たな条件を作成してください。
    • 詳しくはこちらをご参照ください。
  • 5 メールソフト名(x-mailer:)
    • 入力欄へ、条件を作動させるキーワードを入力します。
    • 入力できる文字数は全角で64文字までです。
    • 入力したキーワードを「含む」場合に迷惑メール振り分けサービスを適用しないのか、「含まない」場合に迷惑メール振り分けサービスを適用しないのかを選択メニューから選びます。
    • 設定名称中には半角文字の " ’ ˜ | < > $ & ` = ¥ % ( ) [ ] ; : /  は使えません。(全角文字は使えます)
  • 6設定内容の確定
    • 入力したが完了した後、画面左下の「設定内容確認」をクリックすると、入力した内容の一覧が表示されます。表示された内容に問題がなければ、「設定完了」をクリックすることで、条件の登録が完了します。

ステップ5

設定内容の変更と条件適用順位の変更

機能選択画面で「設定済み条件一覧」をクリックすると、既に設定した条件の一覧画面に移ります。
ここでは、設定した条件の内容を確認や、設定条件の適用順を変更を行うことができます。

  • 1 設定条件の表示
    • 各条件の「詳細表示」をクリックすると、設定した内容の詳細が確認できます。
  • 2 設定条件の内容変更
    • 条件の設定を変更したい場合「簡易設定」もしくは「詳細設定」をクリックすると、設定内容入力画面に移り、条件の設定を変更することが出来ます。
    • 「詳細設定」のみで入力できる項目(任意のヘッダ、メールソフト名、メールサイズ、受信拒否通知メール)を設定している条件を、「簡易設定」で変更すると上記の項目が削除されてしまいます。必ず「詳細設定」で設定内容を変更してください。
  • 3 条件の適用順の変更
    • 表示されている各設定条件にマウスを合わせ、クリックしたまま移動させることで、設定条件の適用順を変更できます。
      • 大きい条件番号の設定条件ほど受信したメールに対して優先して適用されます。
    • 順番の入れ替えが完了したら、「条件番号確定」をクリックし、次ページの内容確認画面で表示された内容を確認し、「変更する」をクリックすることで、適用順位の変更が完了します。

ステップ6

設定条件の一括解除

設定した条件を全て削除したい場合、「機能選択画面」で、「設定一括削除(サービス解約)」をクリックし、確認画面で「解約」をクリックすると、設定した条件を全て削除することが出来ます。