ぷららのメールについて

〔サブミッションポート(port587)とSMTP AUTH〕の標準提供と〔Outbound Port 25 Blocking〕の適用拡大について

ウイルスメールやフィッシングメールをはじめとした迷惑メールの対策として,迷惑メールの送信を規制する「Outbound Port 25 Blocking(以下、OP25B)」(※1)を適用することで、ぷららのネットワークから発せられる迷惑メールを削減いたします。ぷららでは従来携帯宛のメールにのみOP25Bを実施してきておりましたが、2006年7月26日(水)よりPC宛等の全メール宛にOP25Bの適用を拡大いたしました。
また、既に「Outbound Port 25 Blocking」を実施している他プロバイダーのインターネット接続で、ぷらら会員のメール送信を可能とするため、「サブミッションポート(port 587)(※2)」および「SMTP認証(SMTP AUTH)(※3)」の標準提供を2006年6月1日より実施いたしました。
なお、海外の一部地域では本機能を利用しても送信ができない場合がございます。海外からメール送信される場合は、弊社「お問い合わせ窓口」までご連絡願います。

  • ※1Outbound Port 25 Blockingとは
    ISPのネットワークとインターネットとの接点(ゲートウェイ)でプロバイダーの用意するメールサーバー経由せずに直接送信しようとするメール送信のトラフィック(SMTPが使用するport25)を遮断する。独自に設置したサーバーら動的IPアドレスを用いて配信される迷惑メールの規制に大きな効果を発揮し、昨今の迷惑メール対策の一環として、プロバイダー事業者から迷惑メールを出させない取組みとして実施されている。
  • ※2サブミッションポート(port 587)とは
    従来よりメール送信に利用している[port25]とは別に、メール送信の受付専用に利用するポート(port587)。
  • ※3SMTP AUTHとは
    SMTP Authentication の略。メールを送信する際に、ユーザの認証を行い、許可された場合のみメールを送信可能とする技術。

(参考)ニュースリリース: 迷惑メール対策の強化について(2006年5月9日) 新しいウィンドウで開きます

ご利用可能会員 セット契約をされているお客さま(ぷららライト会員を除く)
ご利用料金 無料(お申し込みは必要ありません)
注意事項 複数メールアドレスサービス」をご利用の場合、ぷららライトご契約の方でも複数メールアドレスは本機能を使用することが出来ます。

本機能を有効にしていただく際は、お客さまのメールソフトの設定が必要となります。以下の設定を、両方共行ってください。

プロパティ→サーバータブを選択→送信メールサーバー→「このサーバーには認証が必要(V)」チェックボックスにチェックを入れます。 〔サブミッションポート(port587)〕

プロパティ→詳細設定タブを選択→サーバーのポート番号→「送信メール(SMPT)(O):」ボックスに入力 〔SMTP AUTH〕

  利用形態利用機能
(送信ポート等)
送信可否ご説明
インターネット接続ご利用メールサーバー (利用メールアドレス)
ケース1 ぷらら網 ぷららメール 587 + SMTP AUTH 対応してる
  • ぷらら標準送信ケースです。
  • 新たに提供するport587とSMTP AUTHを利用し、高セキュリティーでのメール送信を実現します。
ケース2 ぷらら網 ぷららメール 25 対応してる
  • 旧設定での送信ケースです。併用期間中のため、従来通り送信することが可能です。
ケース3 ぷらら網 他社プロバイダーのメール 25 対応してない
  • ぷららの実施する、OP25Bによりメール送信が遮断されます。
  • 他社プロバイダーより提供されるport587等へ設定変更が必要です。詳細はご利用メールアドレスの契約プロバイダーへお問い合わせください。
ケース4 他社プロバイダー網 ぷららメール 587 + SMTP AUTH 対応してる
  • 他社プロバイダーがOP25Bを実施している場合、ぷららメール送信を可能とするために、port587とSMTP AUTHを標準提供しております。
(参考)ケース5 他社プロバイダー網 ぷららメール 25 一部対応してる
  • 他社プロバイダーがOP25Bを実施している場合、ぷららメール送信ができません。送信するためには、ケース4への設定変更が必要になります。
  • OP25Bを実施していない場合は、送信可能です。

「ケース3」でご利用中のお客さまへ

「Outbound Port 25 Blocking」によって、『ぷららインターネット接続』で、『ぷらら以外のメール送信サーバーを利用されている場合、メールの送信が出来なくなります。

「Outbound Port 25 Blocking」で影響を受ける具体的な利用内容

具体例1
ぷららインターネット接続で、他社ISPメール送信サーバー利用されているお客さま。
具体例2
ぷららインターネット接続で、ホスティングサービスのメール送信サーバー利用されているお客さま。
具体例3
ぷららの動的IPアドレス上で、DDNS等を利用して独自にメールサーバー運用されているお客さま。
  • ぷららインターネット接続で、固定IPアドレスを利用された独自メールサーバーホスティング等を含む)で、ご利用の場合は影響ございません。

対処方法について

上記の対象となる会員様におかれましては、以下いずれかの 設定変更を実施くださいますようお願いいたします。

具体例1/具体例2のお客さま
ご利用中の他事業者(他社メール送信サーバーが用意するサブミッションポート(port587)へ設定変更を行ってください。
  • 「サブミッションポートの提供」状況及び「推奨設定」方法は、ご利用中の他事業者へお問い合わせください。サブミッションポートが未提供の場合は、『メール送信サーバー設定』を、ご利用中の「他社送信サーバーから、「ぷららのメール送信サーバー***.mail.plala.or.jp)」へ設定変更することで解消が可能な場合もございます。
具体例3のお客さま
ぷららで用意いたしました「Rate Base Spam Control」を行う中継サーバー経由するように設定変更を行ってください。
  • 中継サーバー:mmr.plala.or.jp