2011年4月21日

ぷらら会員規約改定のお知らせ

平素は「ぷらら」をご利用いただき誠にありがとうございます。
「ぷらら 会員規約」を平成23年4月21日をもって以下のとおり改定いたします。
会員のみなさまには、ご一読のうえ、今後もご利用頂きますようお願い申し上げます。

改定となる条文とその内容

対象の条文内容
第17条

(株)Plalaは、本サービスの運営に関し、完全且つ独自の裁量を有しており、以下の項目を実施することができるものとします。

  • (1) (株)Plalaは、インターネット上の児童ポルノの流通による被害児童の権利侵害の拡大を防止するため、児童ポルノアドレスリスト作成管理団体の提供する児童ポルノアドレスリストにて特定されたサイトまたはコンテンツに対して、閲覧を制限することができます。
  • (2) (株)Plalaは、帯域を継続的かつ大量に占有する通信手順を用いて行われる当社所定の電気通信を検知し、当該電気通信に割り当てる帯域を制御すること等により、電気通信の速度や通信量を制限することができます。
  • (3) (株)Plalaは、本サービスの運営上で必要と思われる場合、会員からの本サービスの利用を監視し、本サービスのアクセスや利用を制限することができます。
  • (4) (株)Plalaは、本サービスの運営上で必要と思われる場合、会員からアップロードされたファイルや情報などを削除することができます。
  • (5) (株)Plalaは、本サービスの運営上で必要と思われるその他の一切の処置を任意に行う権限を有しているものとします。また会員は(株)Plalaが行う一切の処置に関して、なんらかの請求権を取得することはないものとします。

(株)Plalaは、本サービスの運営に関し、完全且つ独自の裁量を有しており、以下の項目を実施することができるものとします。

  • (1) (株)Plalaは、本サービスの運営上で必要と思われる場合、会員からの本サービスの利用を監視し、本サービスのアクセスや利用を制限することができます。
  • (2) (株)Plalaは、本サービスの運営上で必要と思われる場合、会員からアップロードされたファイルや情報などを削除することができます。
  • (3) (株)Plalaは、本サービスの運営上で必要と思われるその他の一切の処置を任意に行う権限を有しているものとします。また会員は(株)Plalaが行う一切の処置に関して、なんらかの請求権を取得することはないものとします。

このページの先頭へ